薪ストーブならインテック

薪ストーブ トップページ商品カテゴリFaxでお見積/ご発注運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

薪割り機体験レポート


〜冬ごもりへの準備は、まき割り機で簡単らくらくに〜
青々としていた葉の色が赤や黄色に変わり落ち葉が道を色付けるこの季節、薪ストーブの炎の温もりが恋しくなってまいりました。
photo2
今回は薪作りに活躍する薪割機の体験レポートを行います。

薪割機には小さな電動式から業務用の大型エンジン式までありますが、今回御紹介する商品は、小型エンジン式薪割機SP−21になります。


それでは早速使ってみましょう。



まずはエンジンの始動です。

エンジンはホンダ4サイクルGXV120(4馬力)エンジンが搭載されています。エンジンに燃料(レギュラーガソリン)を入れます。エンジンオイル、油圧オイルは既に入っておりますので入れる必要はございません。次にチョークを引きアクセルを上げスタータを引きます。

photo2


photo3

スタータを引きますとエンジンが始動します。

エンジンがかかったらチョークを戻してください。それでは実際に薪を割ってみましょう。

本体のセンターにレバーがあるので、そのレバーをエンジンと反対側に倒すと、刃がついたシリンダーが伸びます。手を離すとシリンダーは途中で止まります。


photo4

丸太を刃とプランジャーブロックの間に置きます。丸太がぐらぐらする時は丸太を回して落ち着かせてください。
<<薪割機を使う時の準備と注意>>
薪割機は水平な地面に設置し輪止めをしてください。丸太に釘やワイヤなどが刺さっていないか確認をしてください。丸太の切り口が斜になっている場合は平らに切りなおしてください。特殊な形をした丸太は止めてください。

<<薪を割ってみましょう>>
コントロールレバーをエンジン側に倒すとシリンダーが縮み丸太が挟まれ割れます。
丸太が割れたらコントロールレバーをエンジンと反対側に倒してシリンダーを伸ばします。

上記作業を繰り返し行い、薪を希望する大きさになるまで割っていきます。
一回における割る時間は大きさにもよりますが、約10〜15秒かかります。


(1)
photo4

次へ
(2)
photo5
    次へ
(4)
photo7
次へ (3)
photo6
次へ    
(5)
photo8
次へ (6)
photo9
     

photo1

ご覧下さい。

節があるような薪でも、とても簡単に、安心して薪を割る事ができました。


作業が終わりましたらエンジンのアクセルを下げてエンジンを停止してくだい。※

わずか30分程度の時間でたくさんの薪を割る事が出来ました。エンジンはモーターと違って粘り強さがあるので節のあるような状態や割りにくい薪も容易に割る事が出来ます。


たくさんの薪を割る場合や、長時間の連続作業の場合は、エンジンがおすすめです。

SP-21はコンパクトで低価格エンジン薪割機です。
今から たくさん作って来年の薪を確保しましょう。


※本体センター部に、緊急時用の赤いストップスイッチがついています。緊急時のみ使用します。